LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8買った

今年のボーナスでちょっとお小遣いがもらえることになったので、レンズを買おうと思っていた。何を買おうかと物色して結果的にはLUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8を選択。

悩んだのは、

NOKTON 17.5mm F0.95
NOKTON 25mm F0.95
オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

の3つ。

NOKTONの2つはやっぱりF0.95というスペックに惹かれたけれど、20mm、25mmの単焦点は持ってるわけで、F値だけで選択するには踏みきれなかった。でも欲しいレンズ。

オリンパスのほうも凄く悩んだ。そもそもOM-D E-M5を買って気づいたのはオリンパス製のレンズを持っていないこと。17mmパンケーキは持ってたけど売っちゃったし。

75mm F1.8というスペックもサンプル画像も凄く惹かれた。そんなに単焦点レンズばっか増やしてもなぁと思ったのも確かだけれど。ただ残念なことにこいつの発売が7月。ぼやぼやしてると肝心の資金が飲み代に消えてしまいそうで、手元に現金が残っているうちに、ちゃっちゃっとブツに変えたかった。

そんなわけで悩んだ末にLUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8を選んだ。最終的に決め手にした理由は大きく2つ。

1つは防塵防滴のレンズが欲しかったこと。m4/3のレンズは一通りの画角を揃えて持っていたのでOM-D E-M5をボディのみで買ったのだけれども、後になってレンズキットでも良かったなと少し後悔した。その理由が防塵防滴。

いくらボディが防塵防滴でもレンズが対応してないんじゃ全く意味が無い。特に梅雨時期に入って本当に欲しかった。雨に降られるとさすがにカメラを持ち出すのに勇気がいるわけで。

といっても、なんとなくキットレンズのM.ZUIKO DIGITAL ED12-50mmF3.5-6.3 EZにはちょっと触手が伸びず・・・。

そんな中でこのパナのレンズは凄く魅力的に見えた。

もう1つはやっぱりF2.8通しの標準ズームレンズってこと。特に12mm~ってとこがでかい。手持ちのレンズだと広角側は20mmのパンケーキがF1.7であるけれど、そこから先の広角側となると明るめのレンズがなくてちょっと厳しい。12mm~35mmでF2.8通しってのは、散歩に持ち歩くレンズとしてはこれ1本で大抵の画角がカバーできるわけで、なんだかんだでやっぱり惹かれる。

 

というわけで、大枚をはたいて購入してきた。おなじみ新宿マップカメラで89,800円(税込)也。

 

 

Xレンズはレンズキャップから違うのか。なんか高級感あふれる感じ。

 

OM-Dとの見た目の組み合わせも悪くない。

 

早速持ち歩いて試写を何枚か。

F2.8 1/800 35mm ISO200

 

F2.8 1/800 35mm ISO200

 

F5.0 1/2500 12mm ISO200

 

F2.8 1/2000 31mm ISO200

 

F2.8 1/400 26mm ISO200

 

F5.0 1/2500 12mm ISO200

 

F2.8 1/1250 30mm ISO200

 

F2.8 1/200 22mm ISO200

 

F2.8 1/25 35mm ISO3200

写真はすべてOM-D EM-5で撮影。最後の夜景のみ三脚使用であとは全て手持ち。手振れ補正はボディ側とレンズ側の双方をオンにしてみた。

 

で、使ってみての感想は・・・・正直に言うと、あんまりありがたみがよく分かっておらず・・・。

よく「カリっとした」とか「ねむい」とか「発色が・・・」とか画質の良し悪しについて、いろいろ評価する言葉を聞くけど、ぶっちゃけ自分にはよく分からないw

これって、そのうち分かる日が来るようになるのかね・・・。

まぁふつーに撮れてる感じ。ふつーに。風鈴の鉄器感はよく出てるなーってちょっと感じだけど。

もしかして、ちょっと高い買い物だったかなぁ・・・。もうしばらく使うと感想が良いほうに変わってくることを期待して、当面の常用レンズにしてみる。いいレンズなんだろうなとは思うんだけどね。

カテゴリー: デジカメ関連, レンズ パーマリンク