Panasonic DMC-GH4買った【利用編-1】

GH4を買って、少しずついじり始めてます。

GH1以来で操作方法が大きく変化していてちょっと驚き。

いろんなところが使いやすくなってますね。

E-M5の利用が長かったこともあるので、少しずつ慣れていこうと。

 

GH4で検索すると、4Kのテスト動画や静止画サンプルが山ほど出てくるので、その辺は詳しい人達に任せるとして、ちょっと違う内容を。

GH4に限った話ではないけれど、最近のデジカメはWiFiが使えるものが多かったり。その延長戦上でスマホとの連携機能を持っている機種も多く、このGH4ももちろん持っている。

というわけで、その機能を試して見ました。

iPhoneでもAndroidでも同じような連携できるけど、今回はAndroidのNFCを利用して接続してみます。

ポイントはこいつ。

P1040826

いわゆるおサイフケータイ機能でこれが=NFC。

正確にはNFCは規格で、おサイフケータイはその規格を利用したサービス機能なんだけど、まぁ一緒ってことで。

ケータイの裏面についてるマークがGH4本体右側についてます。

P1040810

P1040814

WiFiの設定を個別にして接続することもできるけど、おサイフケータイ機能を持っているAndroid端末であればタッチするだけで接続できる。ちなみにiPhoneにはこの機能がないので、個別にWiFiの設定をして接続する必要がある。

 

そもそもGH4側でNFCを有効にしておく必要があるけど初期設定で有効になってます。

P1040807

 

次にスマホ側にアプリをインストールする必要がある。

それがこのPanasonic Image App

P1040820

これをインストールしておいて、あとはこのアプリを起動してGH4のマークのとこにタッチするだけ。

 

言葉で説明するよりも動画で見てもらったほうが早い。

こんな風に簡単に接続できちゃう。

実際やってることはタッチした時にWiFi接続で必要な設定情報を読み込んでWiFiの接続を自動化してるだけなんだけど、まぁこっちのほうが圧倒的に楽。

WiFi接続してるときはGH4側でもブルーのランプが点灯してます。

P1040840

 

 

いったんGH4とスマホが接続できてしまえば操作は簡単。これも動画でどうぞ。

 

最初に接続して、連携操作したとき、正直びびった。

凄くないですか? まじで凄くないですか?

連携といってもデジカメからスマホに撮った写真を転送するくらいのものだと思っていたので、ここまでできると思わずビビり倒した。

いまはこんなのが当たり前なんだろうか???

テクノロジーの進化は恐ろしい・・・

 

カテゴリー: DMC-GH4, デジカメ関連 | Panasonic DMC-GH4買った【利用編-1】 はコメントを受け付けていません。

Panasonic DMC-GH4買った

R5180398また1年ぶりの更新。

1年放置プレイにも関わらず、ページビューが微妙に増えてる不思議。

 

というわけでDMC-GH4を買いました。発売日の24日に。

でもすぐに触る時間が無く、ようやく本日開封。

 

P1040691

約2年ぶりのパナカメラ。久々で、すっかり色んなことが変わってて驚きですが、なんにしても素敵。

 

購入は毎度新宿マップカメラにて。

丁度2年ほどお付き合いしてきたOM-D E-M5はこの機会に下取りで手放すこととしました。

すごくいいカメラで大好きなカメラで、いろいろと写真を教わったカメラだったので、正直手放すには惜しかったのですが、いかんせんGH4が高嶺の花のため、金銭的事情で下取りに。

マップカメラだと下取り購入時で10%アップ、更にマップカメラ購入品だと+3%で、買取金額が計13%上乗せされるのでお得。

というわけで、24日にそそくさと退社して新宿に直行。30分ほど買取査定に時間がかかりました。E-M5本体が美品扱いで28,000、オプショングリップは傷があったようで並品扱いで6,000のところが3,000に減額に・・・。

E-M5も安くなっちゃったもんだなぁ・・・・。デジタル製品の宿命ではあるけれど。

ちなみにオプションのバッテリとアイカップは買取対象外ということで手元に残りました。E-M5の形見です。さて、どうしたものか・・・。

R5180389

 

というわけで31,000の買取金額に13%上乗せして35,030がプラスの軍資金となりました。ただ下取りの上乗せ分は現金ではなく、ポイントで還元なので注意が必要。

DMC-GH4(ボディのみ) 167,700

マップカメラ保証サービス 8,385

液晶保護フィルム 977

計 177,062

このうち消費税分が 13,115也 やっぱり8%はでかいな・・・

ここからポイント35,030分を差し引いて142,032で購入となりました。

 

早速開封して中身を確認しましたが、シンプルなもんです。

本体とストラップ、バッテリと充電器、USBケーブルが1本、あとは取説とソフトのCD 以上。

本体の写真を撮ろうと思ったけど、昨日までメインカメラを手放してしまったのでGH1を引っ張り出して撮影。一部はGRD4でも撮りました。

 

正面

P1040765

 

P1040749

P1040742

 

後ろ

P1040746

 

12-35を取り付けみた。

P1040804

P1040774

P1040789

 

 

真新しい機材はみてるだけでわくわくしてくる。

P1040752

 

カメラの新調に合わせて、ストラップも変えてみることに。

E-M5でも使っていたAcruで首元が幅広の使いやすそうなストラップをみつけたので購入。前のヤツは細身で長時間かけてると結構痛かったのよね。こっちは使いやすそう。

ついでにレンズキャップも買ってみました。毎度レンズキャップをどこにしまうな悩んでたのでこれはいいんじゃないかと。

 

 

R5180400

R5180395

いやかっこいいでしょ、これ。

 

そういえばGH4の早期購入者が追加のバッテリパックとメモリカードをもらえるこのキャンペーン。

エントリーはシリアルとか製品番号ではダメで、レシートの画像が必要になるので要注意。面倒くさいったらありゃしない。ロハでもらえるからいいけど。

 

使用感などはまた今度。

 

カテゴリー: DMC-GH4, デジカメ関連 | Panasonic DMC-GH4買った はコメントを受け付けていません。

LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8買った

R5180361LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8を買ったのがほぼ1年前。気が付けば、ほぼ常備レンズになってた。

写真を撮りに行くときには、これとM.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8の2本持ちで出掛けてばかり。

ただ毎回思うのは75mmの難しさ。ハマれば自分でも納得の一枚が撮れるけど、100枚、200枚撮影して1枚撮れるかどうか。

無論、自分の腕の問題なんだけど、75mmのピーキーさがちょっとしんどかったり。

というわけで、欲しくなったのがLUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8。

ボケの楽しめる明るいレンズで使いでのいいもの、というとm4/3ではこのレンズ一択だと思う。決して安くはないけれど思い切って奮発することに。

ちなみに価格コムの各ショップの値段は商品が品薄になったため、全体に値上がり中。一度上がった価格はなかなか下がらない。今日時点で最低価格が94,798円

今回も購入先はマップカメラなんだけど、ここは品薄になっても値上げすることなく最低価格を維持してくれてた。価格コム掲載はないけど今でもマップカメラが安い。

マップカメラは89,800円(税込)也。

 

で、早速OM-Dに装着。

R5180353

 

12-35mmと比較してみたり。

R5180360

 

気持ち大きいけど、14-140mmとかと比べると笑っちゃうほど小さい。APS-CやフルサイズのF2.8中望遠レンズと比べるとミニチュアサイズだろうな。さすがm4/3。

 

とりあえず適当に試写したものをアップ。

F2.8 1/1250 100mm ISO200

F2.8 1/1250 100mm ISO200

 

F2.8 1/1600 100mm ISO200

F2.8 1/1600 100mm ISO200

 

F2.8 1/320 35mm ISO200

F2.8 1/320 35mm ISO200

 

F2.8 1/2500 100mm ISO200

F2.8 1/2500 100mm ISO200

 

F2.8 1/200 100mm ISO1000

F2.8 1/200 100mm ISO1000

 

F2.8 1/250 100mm ISO1250

F2.8 1/250 100mm ISO1250

 

F2.8 1/200 100mm ISO800

F2.8 1/200 100mm ISO800

 

F2.8 1/3200 100mm ISO200

F2.8 1/3200 100mm ISO200

 

F2.8 1/250 100mm ISO200

F2.8 1/250 100mm ISO200

 

F2.8 1/2500 100mm ISO200

F2.8 1/2500 100mm ISO200

 

 

F4.0 1/2000 35mm ISO200

F4.0 1/2000 35mm ISO200

 

最後の写真はもろに逆光だったので、盛大にゴースト発生。

もう少し大きなサイズの写真はここにアップしてあります。

 

夕暮れにかけての撮影だったけれど、レンズの明るさのおかげで、ほぼどの場面でもシャッタースピードに苦労することなく撮影できるのはやはり有難い。

ただ今回の一番の目的は明るいレンズでのボケ味を楽しみたかったんだけど、やっぱりオリンパスの75mmと比べるとちょっと見劣りする感じ。

とはいいつつも、12-35mmを買ったときの最初もあんまり期待感がなかったので、現時点での評価はアテにならないと思う。もうちょっと使い込むと分かってくるんだろう。

次のイベントごとには12-35mmと35-100mmの2本で出かけてみよう。

てかほかのレンズもちゃんと使うんだよな、俺?

 

 

 

カテゴリー: デジカメ関連, レンズ | LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8買った はコメントを受け付けていません。

GTX670とSSDとメモリー買った

OLYMPUS DIGITAL CAMERA久しぶりにPCのパーツを購入。一番お金がかかったのはGeForceGTX260のグラフィックカード。

理由はこいつ。

最新版のシムシティ。

「A列車でいこう」とか箱庭系のシミュレーションが大好きでシムシティも無論好き。それがほぼ10年ぶりに発売となると、これは買わないわけにはいかない。

ということでAmazonで速攻予約。

たださすがに最新のゲームってこともあって、要求スペックがかなり高い気が・・・。

 

【PC必環境】

CPU:
AMD Athlon 64 X2 Dual-Core 4000+以上、またはCore 2 Duo Processor 2.0GHz以上

OS:
Windows XP/Vista/7

メモリ:
4GB RAM

HHD:
10GBの空き容量

グラフィックカード:
ATI Radeon HD 2×00 以上r*
nVidia 7800 以上*
Intel Series 4 搭載チップセット以上*

ブロードバンドインターネット:
256 kbps以上(ダウンロード), 64 kbps 以上(アップロード)

*256MB以上のオンボードRAMおよびShader 3.0以降のサポート

【推奨環境】
CPU:
Intel Core i5以上の性能

OS:
Windows 7

メモリ:
4GB RAM

グラフィックカード:
NVIDIA GTX 275以上またはATI 5850以上

 

こりゃ発売されたら、メインマシンのドスパラPCをいじらないとダメかなぁと思ってた。

そんな折にAmazonから1通のメールが。

『シムシティ』 クローズドベータテストに参加できるゲームコードプレゼント!
今回、Amazon.co.jp で『シムシティ』のパッケージ版またはダウンロード版の予約注文をいただいたお客様にこのベータテストに参加できるゲームコードプレゼントのお知らせです。

 『シムシティ』のベータテストは、ベータコードを所有している方のみがプレイできるクローズドベータ形式となります。

ベータテストでプレイできるのは、製品版から一部を切り出した内容で、チュートリアルから1つの都市をつくる「ソロプレイ」になります。プレイ時間は1時間の制限がありますが、ベータ実施期間中は何度でもプレイして頂くことができます。新しいインターフェースで直観的に都市をつくれるツールやプレイヤーの選択がすぐにグラフィカルに再現されていく様子、生きている模型をいじるような楽しさ、あらゆる選択が相互に関連していく奥の深いシミュレーションなど、大きく進化しながらも変わらない『シムシティ』の基本部分をお楽しみいただけるようになっています。

実施期間:2月16日(土)23:00 開始 2月17日(日)23:00終了
※ベータテストは各国言語対応です
※常時インターネット接続が必須となります

 

願ってもない機会。

ひとまず自宅のPCでどれくらいのパフォーマンスがでるのかの確認にはちょうどいい話。

でもメインマシンはあくまでも、写真編集や動画編集・作成用と割り切って購入していて、ビデオカードもAdobe系のソフトに最適化されてるQuadro 600を積んでる。

そもそもこのPCでゲームをやるつもりは全くなかったので、これをいじるってのもちょっと嫌だった。

ただ我が家にはもう1台古めのサブマシンがVistaの32bitで動いていて、そいつのスペックがこんな感じ。

img010

ほぼ2世代前のマシンだけど、グラフィックボードさえ最新のものに積み替えれば、シムシティもそこそこ動くんじゃないかと予想。

そういうわけでグラフィックボードを新調してみることに。

いろいろ考えて選んだのはZOTAC GeForce GTX 670 2GB TWINCOOLER

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

購入時点で、Amazonで30,419円だった・・・・

 

・・・・んだけど・・・・今確認したらびっくりするほど値上がりしてるじゃないか。

なんかめちゃめちゃ最高なタイミングで購入できたのかもしれない。

にしてもこの値上がりはなんだろう?

もともとGTX670のカードの中では、ほぼ最安値に近いモデルだったとは思うんだけど、他の人もおんなじようなこと考えて急に人気がでたんだろうか?

おそらく購入した値段は円高のころに仕入れたと在庫だと思うので、最近の円安も影響しているのかもしれない。後で購入したSSDも最安値から円安の影響で値上がりはじめたところでの価格だったし。

カード装着のほうは、これまで使ってたGTX260が死ぬほどデカくてマザーボードのコンデンサとかに当たりまくっててすごく不安な感じだったんだけど、このGTX670はコンパクトですごくいい。全長は以前の3分の2くらいになってるし、全体にすっきりした感じ。

GTX670に換装したら当然Windowsエクスペリエンスインデックスのグラフィックスの値があがるだろうと思っていたら、実は結果が全く変わらず、びっくり。(スクリーンショット撮り忘れた・・・)

結局GTX260ではシムシティを試さなかったんだけど、体感で違うくらいの動きだったのか、ちょっとだけ気になった。

目的のシムシティのほうは無事に動作。期限いっぱいまで遊び倒した、といいたいところだけど、1回のゲームが1時間しかできないので、これからってとこで毎回終了になってしまい少々残念。

ゲームのほうはこんな感じ。

Spark_2013-02-17_19-18-45 Spark_2013-02-17_20-00-14 Spark_2013-02-17_20-16-39 Spark_2013-02-17_20-18-02 Spark_2013-02-17_20-16-54 Spark_2013-02-17_22-02-58 Spark_2013-02-17_20-21-25

 

道路がほぼ自由曲線で引けたり、1つ1つの建物やシムがよくできていて、眺めているだけで飽きない。超楽しい。発売日が待ち遠しい。

 

とまぁ、目的はほぼ達成したんだけど、実は年末にアップグレード版のWIndows8 Proを購入しておいた。優待版のパッケージで3980円也。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

古いマシンでもサクサク動くっていうので、もともと遊びでサブマシンのほうにインストールしようと思っていたところ。

で、よくよくPCのスペックを確認したら、メモリがあと4GB搭載できるじゃんね。

もういっそのことシステムディスクもSSDに切り替えてしまえ、ってことで一気にメモリとSSDも購入。

メモリはTranscend PC2-6400(DDR2-800) 4GB KIT(2GB×2) JM4GDDR2-8Kを2セットで計8GBに。Amazonで8,560円。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

SSDはIntel Boxed SSD 335 Series 240GB。Amazonで16,980円。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結局グラフィックカードも含めて、55,959円の追加投資。

その結果マシン性能はこんな感じに。

win8

 

なんかすげぇ上がった・・・。

今回を機会にOSを64bitにしたのも大きいかもしれない。やっぱり64bitOSほうがハードウェアの性能を最大限に発揮できるんだな、きっと。

ちなみにi7-2600積んでるメインマシンのほうはこんな感じ。

(ちなみにグラフィックスのメモリ表記がなんかおかしい・・・。)win7

SSDではなく、普通のSATA HDDなのでディスクのスコアはいかんともしがたい。

どうみても全体的にサブマシンのほうがスペックよさげ(苦笑

 

まぁ二世代前のQ6600(ちなみに定格利用)がここまで動けるようになるなら、もう充分。

さすがに55,959円ではこのスペックのPCは購入できないので良しとしよう。CPUとメモリはなんとかなっても、グラフィックカードとSSDで結局は価格が跳ね上がるので。

 

にしても、さすがにSSDの威力は凄いなと痛感。

いずれはメインマシンのほうも載せ替えよう。

あとはシムシティの発売日3月7日を待つばかり。

 

そういえば、今回導入したWindows8はユーザーインターフェイスがうんこ過ぎて閉口。OSの性能がどんなによくなっていても、あんなもん売れるわけがないと確信した。

なんだかなぁ・・・。

カテゴリー: PC関連 | GTX670とSSDとメモリー買った はコメントを受け付けていません。

SHARP AQUOS Phone ZETA SH-02E買った

OLYMPUS DIGITAL CAMERAもう1月も下旬なので、明けましておめでたくもないですね。

新年1回目の投稿。

長年(3年半くらい)使っていたドコモ FOMAの携帯をスマフォに切り替えました。

切り替えた理由はこれ

長いことガラケーだったのには2つの大きな理由があって、1つは電話、もう1つはこのケータイアプリ。

会社では仕事用としてiPhone5も使っているので、スマフォが電話としては圧倒的に使いづらいとは感じていた。

んでもって、モバイルバンキングをする場合に、残高の確認と口座間の振替くらいであれば、スマフォのアプリよりもレガシーのケータイアプリののほうが使いやすいってのも感じていた。

そういうわけでずーっとガラケーを使い続けていたかったんだけれども、時代の潮流かコスト削減の一環か、やはり古いものは切り捨てられてしまうようで。

先行きもなさそうなので、ここいらで切り替えてしまうかと決心。お金はないけど毎月割賦で支払っちゃえばいいし。

で、機種検討なんだけれども、これも特に悩まず実にあっさりと決めてしまった。

まず日本人なので海外製は却下。個人的にアジア系メーカーは嫌い。

機能要件としては、

  • バッテリの持ちがいい
  • 防水機能がある
  • ワンセグが使える
  • おサイフケータイになる

この条件で検索すると、実は2機種しか残らない。

富士通のARROWS V F-04Eと、シャープのAQUOS ZETA SH-02E。

最初は富士通にしようかと思ってたんだけど、Twitterでフォローしているシャープの中の人のつぶやきに毎回悲哀を感じていた同情心と、カメラの画素数がシャープのほうがちょっぴり高かったこと(1630万画素と1310万画素)の2点で、シャープに決定した。

本当は赤色が欲しかったんだけど、最寄駅のショップには在庫がなく、でもすぐに欲しかったので白色で妥協。んーやっぱり赤のほうがかっこよかったな・・・。

 

と、ここまで購入までの経緯なんだけど、大変だった(今も大変)なのはここから。

まず失敗をしてしまったのは、DCMX mini、いわゆるiDの契約更新処理を以前の携帯のほうでやっておかないといけなかったのに、それをせずに機種変更してしまったこと。

これってショップの落ち度のような気もするけど(ちなみに、携帯を買ったのはドコモショップではないのでしょうがないかもしれないけれど)、まぁいずれにせよ、現時点でiDが使えない状態。

ドコモのセンターに連絡したら、一旦以前のものを解約して新規に加入し直し扱いになるそうな。でもその処理ができるのは月をまたいだ来月以降ということなので、当面はコンビニとかでの少額決済が少々不便。

 

次にハマったのが、microSDカード。どうせなら高速かつ大容量のものを使おうと思って、SANDISKのSDXC 64GBを購入しようとアマゾンを検索。

そしたら予想外に安い。

ただこいつは平行輸入品。この安い並行輸入品が罠だった。

携帯に装着してまず容量を確認したらほぼ60GBの空き容量とある。よしよし、と思ったのもつかの間。

SDカードのほうに音楽ファイルを取り込んだあたりから、動きが怪しい。

本来なら読み込めているはずのプレイリストや楽曲名、歌手名が全て不明と表示されている。

そのうちに突然「予期せずSDカードが取り外されました」「SDカードをマウントしています」を、延々と繰りかすようになりやがった。ネットで調べてみると案の定似たような症状で泣いているユーザーがたくさんいるし。

まったく同じ製品ではないけれど、32GBのSANDISKの平行輸入品には同様の評価書き込みがたくさんある。これを事前に読んでりゃなぁ・・・・。

やっぱりSDカードは国内正規品のほうが無難。並行物は質が怪しすぎる。勉強になった。

というわけで、急きょトランセンドの32GB Class10を追加購入することに。

こっちのほうは評価もいいし、永久保証もついてるので安心。はじめっから64GBなんて欲張らずにこの辺にしておけばよかった。とりあえず今のとこはちゃんと使えてる。

で、不具合だった64GBのほうは、アマゾンの30日間返品期間内なので、とりあえず返金処理を期待して返品してみた。こっちのほうは初期不良が認められて無事返金となるかどうかは不安。結果が出たらここに書いてみようと思う。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてなによりも今回の機種変更で一番ハマった(ってる)のはAndroid OS。

もちろん慣れもあるんだろうけど、なによりiPhone(iOS)より圧倒的に使いづらい。

一番困っているのは、本体やアプリの設定をいじりたいんだけれど、どこで何を設定できるのかが凄く分かりづらいのだ。直観的にここかな?と思っても全然違ったりする。

iPhoneの場合は、ほぼ「設定」という項目に全てが包含されているので、そこに項目がなければそれ以外は仕様で変更できない、ってのがすぐにわかる。

Androidだと自由度が高すぎて、メインの「設定」メニュー以外にアプリごとに「設定」もしくはそれに類するメニューもあってどこをみたらいいのかがよく分からない。

あと本体の設定も、中には「dメニュー」と呼ばれるドコモのサイトから設定をしないといけないものもあって、もう訳がわからない。

あと理解に苦しんだのが「ウィジェット」と呼ばれる領域の考え方。FOMA時代にもあったけど全く使ってなかったので、今回が初。

要は常駐型アプリってことなんだと思うんだけど、こいつがメニュー画面にやたらと貼りついていて、最初はうっとうしくてしょうがなかった。このほかにショートカットって考え方もあるので、ますます混乱していく。

何の予備知識もなくて最初からAndroid携帯だけならいいけど、iPhoneを使っていてそっちに慣れている人間にしてみると、すごく分かりづらいデザインになってる。

この辺はAppleのUIデザインの考え方の優秀さを表しているんじゃなかろうか。

 

そしてなんといってもiTunesが無いのはつらい。

もう我が家の音楽データは完全にiTunesで管理されているので、こいつとリニアに同期してくれないのはしんどい。

いちおうiTunesと同期ができるアプリもあるんだけど、当然ながら所詮はサードパーティ品。

純正のiTunes&iPhoneの組み合わせによる使い心地とは比べるまでもない、というか比べるのがかわいそうだ。これはいかんともし難いね。

 

と、イケてないところばかりを書き連ねたけど、機械としては結構満足している。

シャープご自慢のIGZO液晶は確かに凄く綺麗だし、CMで自慢しているだけのことはあってバッテリの持ちは充分な感じ。使い方によるけれど、2日間普通に使いきれると思う。iPhoneじゃ1日で終了って感じだから、この辺の差異は大きい。

あと細かいけれど、充電の口がminiUSBで手持ちのモバイルバッテリとかとの汎用性が高いとか、防水機能は安心だとかはある。

あと全く意識してなかったけれど、想像以上に優秀だったのがカメラ機能。

携帯のカメラって、カメラとして意識して使っていなかったのだけれど、最近のカメラ機能は画素数はもちろんのこと、シーンモードやホワイトバランスの選択に ISO感度まで選べるとは知らなかった。そのほかにも連写やHDRまである。下手なコンデジより高機能。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

試しにシェリルのフィギュアを撮影してみたけど写真の出来栄えも全然悪くない。

SH-02Eで撮影

 

 

まぁしばらくの間は慣れるためにも、iPhoneで使っているアプリでAndroid版もあるものは、ひとしきりインストールして暫く使ってみようかと。

にしても、Android携帯ってiPhoneと比べてなんかかわいくないんだよな・・・。

カテゴリー: その他, 家電 | SHARP AQUOS Phone ZETA SH-02E買った はコメントを受け付けていません。